本文へスキップ
HOME ブログ 炎症性腸疾患 お知らせ 問い合わせ・アクセス 入会方法 リンク
炎症性腸疾患
概 要
クローン病
「本疾患は原因不明で、主として若い成人にみられ、浮腫、繊維(筋)症や潰瘍を伴う肉芽腫性病変からなり、消化管のどの部分にも起こりうる。消化管以外 (とくに皮膚)にも転移性病変がおこることがある。原著では回腸末端をおかす(回腸末端炎)と記載されたが、その後口腔から肛門までの消化管のあらゆる部 位におこりうることがわかった。臨床像は病変の部位や範囲による。発熱、栄養障害、貧血、関節炎、虹彩炎、肝障害などの全身性合併症がおこりうる。」

クローン病は、1932年に米国ニューヨークのクローン博士が初めて報告した疾患です。消化管に潰瘍(粘膜を越えて腸壁が深く欠損すること)が形成され、 その部分が硬化して腸の内径が細くなったり(狭窄といいます)、腸の周囲に膿がたまったりして(腹腔内膿瘍といいます)、腹痛や下痢、発熱などを生じる原 因不明の炎症性疾患です。非連続性の病変(病変と病変の間に正常の部分が存在すること)が特徴で、口から肛門までの消化管のどの部位にも起こり得ますが、 小腸(回腸)の末端部が最大の好発部位です。また、難治性の痔瘻もこの病気の特徴です。潰瘍性大腸炎と同じく毎年10%程度患者の増加を示しています。

クローン病を完治させる治療法は現在なく、治療の目的は病勢をコントロールし、患者のQOL(生活の質)を高めることにあります。そのために、薬物療法、栄養療法、外科療法を組み合わせ、栄養状態を維持し、症状を抑え、炎症の再燃・再発を予防することにあります。
潰瘍性大腸炎
「主として粘膜と粘膜下層をおかす、大腸とくに直腸の特発性、非特異性の炎症性疾患。30歳以下の成人に多いが、小児や50歳以上の者にもみられる。原因 は不明で、免疫病理学的機序や心理学的要因の関与が考えられている。通常血性下痢と種々の程度の全身症状を示す。長期にわたり、かつ大腸全体をおかす場合 には悪性化の傾向がある。」とされています。

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にびらん(粘膜表面が浅く欠損すること)や潰瘍(粘膜を越えて組織が深く欠損すること)が形成され、下痢、血便、腹痛や発熱などの症状を呈する原因不明の大腸の炎症性疾患です。

自己免疫異常説、細菌感染説などの多くの説がありますが、現在のところ原因は不明です。生活環境なども含め、いくつかの因子が複合して発症すると考えられ ています。潰瘍性大腸炎は良性でありながら患者のQOLが著しく損なわれる原因不明の難治性疾患で、生活習慣の欧米化に伴い着実に増加を続けています。 潰瘍性大腸炎患者数(平成13年現在:72672人)

治療は薬物や白血球系除去療法などによる内科的治療が基本ですが、内科的治療に抵抗する難治性のものや癌化したもの、また激症化し生命に危険がおよぶ症例 では外科的切除が選択されます。しかし外科治療法の功罪が充分に理解されていない面もあり、内科的治療から外科的治療へ的確に移行している症例が実は少な いのも事実と考えます。
(準備中)